超シンプルゲーム、ドラゴンタイガー

カジノゲームの種類

ドラゴンタイガーというゲームを知っていますか?

同じくテーブルゲームで人気を博しているキングオブカジノと言われている「バカラ」をもっとシンプルにしたようなルールになっています。

カンボジアで生まれました。

あまりイメージにないかもしれませんが、カンボジアではカジノが新たな観光資源になっているんです。

ドラゴンタイガーのルールは?

一言で言うと、ドラゴンとタイガー、両者に配られたカードがどちらが強いか賭ける。それだけです。

ドラゴンとタイガーというのは、プレイヤーでもディーラーでもなく、テーブルにある場でしかありません。テーブルに置かれる2枚のどちらが強いカードかをベットします。

カードの強さは?

A(1)が一番弱く、K(13)が一番強いです。ここもシンプルですね。
もしドラゴンとタイガーが同じ数字であれば、「タイ」。引き分けとなります。
さらにトランプの柄(ハートやスペードなど)も同じであれば「スーテッドタイ」と呼ばれます。

とはいえ、細かなルールはゲームによって異なります。ここでは基本的なところをご紹介します。

賭け方は?

ドラゴン、タイガー、タイ、スーテッドタイに賭けます。
もしくは、ドラゴンとタイ、という風に複数に賭けることもできます。
ドラゴンとタイガーどちらにも賭ける、オポジットベットと言われる賭け方は基本的に禁止されています。

サイドベットもある

サイドベットとは、ドラゴンタイガーではスート(柄)や数を予想すること。
ドラゴンかタイガーか賭けるのは前提として、

①その数の大きさ
大・・・8〜K
小・・・A〜6
を予想します。
7が出た場合、ベットしたお金は全て没収されてしまいます。

②奇数か偶数か
こちらも7が出た場合没収となります。

③スートが赤か黒か
を同時に賭けることが出来ます。

配当は?

・ドラゴン、タイガー・・・2倍
勝率も単純に考えると2分の1ですね。
・タイ・・・9〜12倍
・スーテッドタイ・・・50倍
確率が高いものは配当も高くなっています。

必勝法はあるの?

絶対勝てる、絶対大きく利益が出る、という方法は残念ながらありません。
しかし、勝率が約50%であるドラゴンタイガーに適した攻略法はいくつか存在します。

・マーチンゲール法
・ウィナーズ法
・モンテカルロ法

この他にもありますが、どの攻略法に対しても「必ず勝てる方法」と捉えてはいけません。あくまで期待値の高い道を選んでいく、何度かプレイして収支をプラスの状態で終える、という考え方です。
紙とペンを使って少し頭を使う場合もありますので、その時の状況や自分にあった方法を探してみてくださいね。

おすすめのオンラインカジノ

インターカジノ

1996年にサービスを開始した歴史のあるオンラインカジノ。
ドラゴンタイガーのライブもありますし、シンプルなテーブルゲームもあります。はじめてドラゴンタイガーを遊ぶのであれば、ライブカジノだと本物のディーラーがいるのでちょっと緊張しますよね。
そういう方はテーブルゲームから始めるのもいいでしょう。

ボンズカジノ

ボンズカジノはライブカジノに力を入れており、ドラゴンタイガーもその例に漏れません。
1回のゲームが短いドラゴンタイガー。ライブであってもやりたいなと思ったらすぐに参加できます。もちろん自分は参加せずに見学できることもライブカジノの良さですね。

これ以上簡単なテーブルゲームは無いのではないかと思えるほどのルールでしたね。

プレイヤー同士やディーラーと勝負するわけではないので、駆け引きもありません。サクサク進むこともシンプルなゲームの利点。

ほかのゲームをプレイしていて、少し羽休めしたいときにも気軽に参加できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました