日本で最も人気のあるカジノゲーム、ブラックジャック

カジノゲームの種類

ブラックジャックというトランプゲームは知っていますか?
プレイしたことない方でも聞いたことはあるかもしれません。

配られる2枚の手札の合計の数が「21」に近いプレイヤーが勝ち。
とてもシンプルでオンラインカジノでも人気がありますよ。

今更聞けない?ブラックジャックの基本的なルールをご紹介します。

︎勝ち負けの判断

ディーラーよりも21に近ければ勝ちです。

「22」などオーバーすることを「バースト」と呼び、負け確定になります。もちろん「21」であれば文句なしで勝ちです。
2枚のカードのみで「21」を出すことを「ブラックジャック」と言います。

もしディーラーと同じ数になってしまったら、引き分け。そのゲームは無かったこととなり、賭け金は返されます。

︎数字のカウント

・J、Q、K
絵札は全て10でカウントします。

・A
エースは1または11のどちらか。状況によって使い分けていいカードです。

︎よく使われる用語

主にプレイヤーの行動に名前がついています。ブラックジャックをやっていくと自然と頭に入ってきますよ。

・ヒット(“H”と略されます)
さらにカードを引く。
・スタンド(S)
これ以上はカードを引かない。今のカードで勝負。
・ダブルダウン(D)
ベット金を2倍にして、さらにカードを1枚引く。そこで理想のカードが引けなくても、もうヒットできない。
・スプリット(P)
もし2枚が同じ数字の場合、分割する。手札2つで勝負することになるので賭け金も2倍になる。

︎ディーラーのみのルール

ディーラーにのみ適応されるルールがいくつかあります。
プレイヤーにはない縛りがあることで戦略性がアップ。ブラックジャックというゲームを格段に面白くさせています。

・ディーラーは17以上になるまでは必ずヒット
・17以上になったらスタンド
・1枚目のカードをプレイヤーに見せなければならない

これを見ると、プレイヤー側が結構有利なのでは?と思ってしまいますよね。ディーラー側に行動の制限があるので、次の手は読みやすいと言えます。

︎ブラックジャックの攻略法とは?

実はブラックジャックには、確率論をもとにした攻略法があるんです。

その名もベーシックストラテジー

一番勝率が高くなるように、次のアクションが一目でわかる表になっています。

自分の手札の合計数、プレイヤーから見えているディーラーの1枚目のカード、この2つの数字だけを判断材料として次の手を考えますよね。

「次はヒットすべき!」「もうスタンドの方がいい」といった風に教えてもらえるわけです。

ただし、ギャンブルである以上運も大きく関わります。ベーシックストラテジーはあくまで確率の話。一番期待値が高いアクションを示しているにすぎません。

決めきれない時やまだ慣れていないうちは表の通りにやってみる、など頼りすぎずに完全はないのだと頭に入れておいてくださいね。

︎おすすめのオンラインカジノは?

カジ旅

RPGゲームのように冒険の旅をしながら、カジノを楽しめる、他にはない魅力のあるカジ旅。
ライブカジノもテーブルゲームも、どちらでもブラックジャックをプレイ出来ます。

カジノシークレット

ブラックジャックのゲームが豊富で、カジノシークレットもライブ、デーブルゲームどちらもあります。

無料プレイも一部対応しているので、初めての方は是非活用しましょう。

ボンズカジノ

特にライブカジノに力を入れており、種類が豊富です。

ブラックジャックは席数が決まっていることが多いのですが、これは一度に参加できるプレイヤーに制限があるということ。

種類が多ければ、順番待ちになる確率が低くなりますね。

シンプルなルールながら駆け引きと戦略性が楽しめるブラックジャック。

トランプゲームにも手を出したい方は、まずはブラックジャックがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました